地震災害

防災科研では、地震の観測を通して地震が発生する仕組みを探る研究や、地震に強い建物をつくるための研究をしています。

Hi-net(高感度地震観測網)最新震源マップや震源速報

防災科研では、日本全域にはりめぐらされた3種の地震計で、人が気づかない小さな地震から大きな地震、ゆっくりとした地震に至るさまざまな「揺れ」を正確に観測しています。また観測されたデータは、研究はもちろんのこと、緊急地震速報にも活用されています。また、ホームページを通じて公開され、一般に広く公開されています。
※地震の発生を検知した場合、速報としてリアルタイムにホームページで公開しています。

E-ディフェンス実験動画

また、今使っている建物や施設が大地震の時、どれほど安全か、もし安全でないとすれば、どのように補強すればいいのかなどを検証する、実大三次元震動破壊実験施設(E-ディフェンス)での研究も行っています。

E全国地震動予測地図J-SHIS

さらに、全ての地震の位置・規模・発生確率にもとづき各地点がどの程度の確率でどの程度揺れるのかなどをまとめて計算し、その分布をGoogleマップ上に示した全国地震動予測地図J-SHISもホームページで公開しています。

このページのTOPへ