土砂災害

土砂災害の発生予測や地すべり地形の研究をしています。

地すべり地形分布図

雨によって起きる土砂災害の予測技術の高度化を進めるため、MPレーダによる高精度の予測雨量を活用し、表層崩壊の危険域予測技術、崩壊発生時刻の早期予測技術、実地形を考慮した崩壊土砂の被災範囲予測技術を高度化し、土砂災害発生予測システム(Lapsus)を構築しています。

地すべり災害は過去に地すべりを起こした場所で再発することがしばしばあります。そのため過去に地すべりを起こした斜面をあらかじめ知っておけば防災に生かすことができます。そこで、過去に地すべりを起こした場所に残された地形的痕跡(地すべり地形)を空中写真を用いたマッピングにより見つけ出し、その場所と範囲を示した図面(地すべり地形分布図)の作成を進めています。その成果を「地すべり地形分布図」(印刷図)として刊行し、web-GISなどの技術を用いて地すべりに関する情報公開を行っています。

大型降雨実験施設では、斜面崩壊発生時刻

大型降雨実験施設では、斜面崩壊発生時刻の予知や地すべり土塊の運動特性と到達距離予測、斜面崩壊の危険度予測などの研究を行っています。

このページのTOPへ