火山災害

防災科研では、火山災害を減らすため、噴火予知や溶岩流などの流れ方の研究を進めています。

航空機を使った輝度温度分布観測例。

E-ディフェンス実験動画富士山の溶岩流シミュレーション

防災科研では、マグマの動きを把握し、噴火を予測するための火山観測網の整備、航空機や人工衛星を使ったリモートセンシング技術の開発、災害予測ための計算機を用いたシミュレーションなどを実施しています。

火山活動連続観測網 VIVA ver.2

防災科研では、地震・地殻変動観測を主とした火山観測網を展開し、地震計や傾斜計などによる観測を行っています。現在、有珠山、岩手山、那須岳、浅間山、富士山、伊豆大島、三宅島、小笠原硫黄島、阿蘇山、霧島山の情報を一般に公開しており、火山噴火予知研究のデータとして利用されています。

このページのTOPへ