気象災害

防災科研では、正確な降雨量のリアルタイム計測技術の開発や、水害の発生予測、将来の台風災害の変化を予測しています。

気象災害

首都圏に複数台のレーダ・ネットワーク:X-NETを構築して、暖候期に連続観測を行っています。X-NETのデータから雨量、風、降水粒子に関する情報を引き出して災害を引き起こす激しい気象現象を監視するとともに、X-NETのデータも利用して数時間先までの雨量を正確に予測するモデルの開発を進め、その成果は、国土交通省の「XバンドMPレーダ雨量情報」にも活用されています。

気象災害

また、台風災害リスク軽減の観点から防災対策としての社会基盤整備や住民の避難対策策定に貢献するため、今後予想される台風災害による長期的な脆弱性の変化を予測しています。様々な情報が一覧できる台風災害データベース、数値シミュレーション技術を活用し、台風災害の予測技術の開発を行っています

このページのTOPへ