印刷

全国を覆う地震観測網

災害対策や研究に不可欠な地震観測網を整備・運用中

全国を覆う地震観測網

防災科研では、1995年1月17日兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)をきっ かけに、全国のどこで地震が発生しても正確に地震の揺れが計測できるように、 日本全域に高精度な地震計を備えた観測施設を整備してきました。観測データは地震の発生メカニズムを解明するための研究に使われる他、大学や気象庁、自治体にリアルタイムで伝送され、緊急地震速報や震度情報の配信に活用されています。さらに、地震観測データやその処理結果はホームページ等を通じて公開されており、地震に関する調査や研究に不可欠な社会基盤(インフラ)となっています。東日本大震災でも、超巨大地震の発生メカニズムの解明や地震災害の低減に役立つ多くの貴重なデータを得ることができました。

もっと詳しく

Get ADOBE READER

PDF ファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。Adobe ReaderはAdobe ReaderのダウンロードページBlankよりダウンロードできます。

このページのTOPへ