印刷

地震ハザードステーション

地震ハザード情報の総合ポータルサイトを運用中

地震ハザードステーション

1995年1月17日兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)を契機として、政府の地震調査研究推進本部では、全国の活断層で発生する地震や海溝型地震などの評価を行い、これらのまとめとして、「全国地震動予測地図」を公表してきました。この「全国地震動予測地図」では、多くの防災科研の成果が活用されています。また、防災科研では、この「全国地震動予測地図」に関する 以下の情報を、背景地図と重ね合わせてウェブ上で閲覧することができるシステム(J-SHIS)を開発しました。…(1)約250mメッ シュの全国版「確率論的地震動予測地図」、(2)主要断層帯で発生する地震に対する詳細な強震動予測に基づく「震源断層を特定した地震動予測地図(想定地震地図)」、(3)以上の計算に用いた表層地盤増幅率や深部地盤モデル等。J-SHISは、地震ハザード情報の総合ポータルサイトとも言えるものであり、防災訓練や地域の防災計画の検討など、さまざまなシーンで利用されています。なお、これまでJ-SHISでは津波に関する情報は扱っていませんでしたが、津波ハザードも加えた総合ポータルサイトを構築することは今後の重要な課題です。

もっと詳しく

使ってみる

参考(関連リンク)

Get ADOBE READER

PDF ファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。Adobe ReaderはAdobe ReaderのダウンロードページBlankよりダウンロードできます。

このページのTOPへ