印刷

自然のなぞをしらべてみよう

夏(なつ)になると、お空がピカッとひかってゴロゴロなりだすカミナリさま。大きな雨がたくさんふってくるよ。でも、これってなんでだろう? お空には本当(ほんとう)にカミナリ様(さま)がいるのかな? 防災科学技術研究所(ぼうさいかがくぎじゅつけんきゅうしょ)では、こんな自然(しぜん)の不思議(ふしぎ)を研究(けんきゅう)しているよ。たくさん勉強(べんきょう)すると、みんなを守(まも)ることもできるんだ♪

自然のなぞをしらべてみよう

  • 防災(こわいことがおきないように)
  • 科学技術(みらいのちからで)
  • 研究所(べんきょうするところ)

お空がピカっと“カミナリ”や、つよい風(かぜ)がぴゅ~ぴゅ~“台風(たいふう)”、お家(うち)がユラユラ“地(じ)しん”など、不思議(ふしぎ)なげんしょうを「自然(しぜん)げんしょう」と呼んでいるんだ。

そして自然(しぜん)げんしょうで、お家(うち)がこわれたり、山がくずれたり、川から水があふれだしたり、こわいことが起(おこ)ることを【自然(しぜん)さい害(がい)】というんだよ。みんなをこまらせる、こわい自然(しぜん)さい害(がい)には、どんな種類(しゅるい)があるんだろう? ちょっとこわいけど、勇気(ゆうき)をだして、勉強(べんきょう)してみよう!

このページのTOPへ