印刷

地震減災実験研究部門(兵庫耐震工学研究センター)

実大三次元震動破壊実験施設などの研究基盤を活用した地震減災研究

地震減災実験研究部門は、E-ディフェンス等を活用して地震被害の再現、構造物の耐震性能の評価、対策技術の実証を行い、地震減災技術の高度化と社会基盤の強靭化に資する研究開発に取り組んでいます。

  • E-ディフェンス等の運用と保守・管理
  • 構造物の破壊過程解明と減災技術に関する研究
  • 数値震動台(E-Simulator)の構築をめざした研究
関連リンク
メンバー
梶原 浩一
部門長 総括主任研究員
井上 貴仁
副部門長
松森 泰造
主任研究員
佐藤 栄児
主任研究員
中村 いずみ
主任研究員
田端 憲太郎
主任研究員
山下 拓三
主任研究員
河又 洋介
任期付研究員
中澤 博志
主幹研究員
Pal Mahendra Kumar
特別研究員
姜 在道
特別研究員
榎田 竜太
特別研究員
豊吉 巧也
特別研究員
御子柴 正
特別技術員
坂口 智子
特別技術員
瀧本 満
特別技術員

このページのTOPへ