印刷

火山防災研究部門

多角的火山活動評価に関する研究

火山防災研究部門は、全国の16火山55観測点からなる基盤的火山観測網(V-net)と各種リモートセンシング技術等を活用して、火山災害過程の把握や予測に関する研究開発を推進するとともに、大学・研究機関等との連携を強化し、火山災害のリスクコミュニケーションのあり方に関する研究を実施します。これにより、火山災害による被害を軽減し、火山と共生する社会の実現をめざします。

  • 多項目観測データによる火山現象・災害過程の把握のための研究
  • 火山リモートセンシング技術の開発研究
  • 噴火・災害ポテンシャル評価のためのモデリング研究
  • 火山災害軽減のためのリスクコミュニケーションに関する研究
関連リンク
メンバー
棚田 俊収
部門長 総括主任研究員
實渕 哲也
副部門長 主任研究員
藤田 英輔
研究統括 総括主任研究員
上田 英樹
主任研究員
小澤 拓
主任研究員
宮城 洋介
主任研究員
三輪 学央
主任研究員
長井 雅史
特別研究員
黒川 愛香
特別研究員
山田 大志
特別研究員
入山 宙
特別研究員

このページのTOPへ