印刷

水・土砂防災研究部門

マルチセンシングに基づく水災害予測技術に関する研究

水・土砂防災研究部門は、先端的なセンシング技術を活用した気象災害、洪水災害、土砂災害、沿岸災害等の発生機構の解明を進め、より高精度な観測・予測手法を開発し、水・土砂災害の軽減をめざします。

  • 激しい気象の早期検知技術と予測技術
  • 浸水および土石流の予測技術
  • 斜面崩壊危険度の予測技術
  • 沿岸災害の予測技術
  • 観測・予測技術の社会実装
関連リンク
メンバー
三隅 良平
部門長 総括主任研究員
下川 信也
副部門長 総括主任研究員
岩波 越
総括主任研究員
飯塚 聡
総括主任研究員
栢原 孝浩
主任研究員
鈴木 真一
主任研究員
前坂 剛
主任研究員
酒井 直樹
主任研究員
村上 智一
主任研究員
清水 慎吾
主任研究員
若月 強
主任研究員
平野 洪賓
主任研究員
出世 ゆかり
主任研究員
石澤 友浩
主任研究員
櫻井 南海子
主任研究員
島村 誠
主幹研究員
横山 仁
主幹研究員
中谷 剛
主幹研究員
下瀬 健一
特別研究員
檀上 徹
特別研究員
加藤 亮平
特別研究員
Shakti P.C.
特別研究員
宇治 靖
特別技術員
木枝 香織
特別技術員

このページのTOPへ