印刷

災害過程研究部門

社会現象としての災害過程の究明と 効果的な災害対応の実現に向けて

災害過程研究部門は、従来の予防中心の防災対策に加えて、災害に対峙する人間の行動と情報処理過程としての災害対応過程を明らかにし、災害からしなやかに立ち直る社会モデルを追求することにより、社会現象としての災害過程の究明と効果的な災害対応の実現を目指します。

  • 状況認識の統一方策に関する研究
  • 災害対応業務の高度化に関する研究
  • 対応資源マネジメントに関する研究
  • 人材育成・防災リテラシ向上方策に関する研究
メンバー(兼務)
大井 昌弘
副部門長 主任研究員
鈴木進吾
副部門長 主幹研究員
久保智弘
特別研究員
奈倉 登
特別技術員

このページのTOPへ