防災科研 NIED

EN | JP

印刷

災害過程研究部門

社会現象としての災害過程を究明し、自発的な予防・効果的な対応・速やかな復興を実現する

災害過程研究部門は、災害を巡る人々の行動を情報処理・制度・インセンティブなどの観点から科学的に究明する。それにより、社会を構成する人々や組織による自発的な災害予防、効果的な災害対応、そして速やかな復興を実現する社会技術の開発を行い、レジリエントな社会の実現に寄与する。

  • 公共部門におけるSOP(標準的災害対応手順)の開発と高度化に関する研究
  • 社会のレジリエンスを支えるファイナンス手法に関する研究
メンバー(兼務)
永松 伸吾
部門長 主幹研究員
鈴木 進吾
副部門長 主幹研究員
李 泰 榮
主任研究員
須藤三十三
主幹研究員
布施 理美
主幹研究員
山崎 文雄
主幹研究員
池田 真幸
特別研究員
岩井 一朗
特別研究員
大塚 理加
特別研究員

このページのTOPへ

pagetop