印刷

第1期の組織(旧研究部門)

第1期中期計画時に組織における組織編成

総合防災研究部門

地震、豪雨、強風、土砂崩れ、洪水など災害をもたらす自然現象の解明や予測,災害と人との関わりによって生する被害の発生原因などの研究を通じて,災害に強い町づくりを目指した研究を進めています。

固体地球研究部門

固体地球研究部門の研究対象は、地震および火山です。地震については、発生機構の解明、発生能力の評価から、予知の可能性を目指しての研究を進めています。火山については、噴火機構の解明、噴火予知、噴火後の推移評価、火山防災に関する研究を進めています。

防災基盤科学技術研究部門

防災に関する科学技術の基盤となる事項を担い、地球観測に関わる計測、データ処理等に関する研究開発を行っています。

  • つくばWANの構築

雪氷防災研究部門

防災科学技術研究所の雪氷防災研究部門は雪氷災害を軽減するために、気象モデルを出発として雪崩、吹雪、着雪それに道路雪氷などのさまざまな災害の発生予測を実現しようと考えています。

兵庫耐震工学研究センター

地震防災に関する広範な技術開発に対し「究極の検証手段」を提供する世界最大の実大三次元震動破壊実験施設(E-ディフェンス)の管理運営と共に、ここで産み出される成果の防災実践への速やかな移行を飛躍的に促進するため、E-ディフェンスを用いた実験研究を遂行しています。

防災研究情報センター

防災研究情報センターは、地震観測網の整備及び運用、防災科学技術に関する内外の情報及び資料の収集、整理、保管、情報システムの構築、整備及び運用等を行っています。

特定プロジェクトセンター

地震防災フロンティア研究センター

地震防災フロンティア研究センターでは、「都市を地震災害から守る方法」を研究する事を目的とし、地震防災における物理的課題・社会的課題・情報的課題を総合的に解決する防災研究を行っています。

地震防災フロンティア研究センター川崎ラボラトリー

地震工学,コンピュータ科学,情報工学の研究者が結集し、振興費「大都市大震災軽減化プロジェクト(大大特)」と振興調整費「危機管理対応情報共有技術による減災対策」などの外部資金を活用して、先端的情報技術による防災システムの開発を行っています。

外部資金プロジェクト

強震観測事業推進連絡会議Blank

強震観測を行っている関係機関と連携し、強震観測網の現状の把握、強震計の全国配 置計画の策定と調整、強震記録の収集・整理・提供・刊行などを行っています。

国際的な研究活

このページのTOPへ