印刷

地震・火山防災研究ユニット

地震・火山防災研究

ユニットの概要

地震・火山噴火の発生メカニズム解明に関する研究を進展させるため、観測網の維持・更新等を図るとともに、観測データを共有する仕組みを構築・提供します。加えて、機動的な調査観測を行うほか、観測機材及び観測技術を開発します。また、海溝型巨大地震の切迫度を評価する手法の開発を進めるとともに、地震発生モデル構築を目指し、さらにリアルタイム強震動監視システムを構築します。

海溝型地震の発生メカニズムを解明するため、大規模シミュレーション、すべり実験、地震発生モデルの高度化を進めます。また、短周期地震波の生成過程や伝播特性の解明、地震及び火山噴火発生メカニズムの解明を進めます。

火山活動の観測予測技術を開発するため、噴火予測システムを開発し、多様な噴火現象のメカニズムの解明を進めます。

さらに、火山災害の定量的評価に資するため、リモートセンシング技術の活用及びその小型化などに関する研究開発を進めます。また、気象災害に関する研究と連携しつつ高度な噴煙観測技術開発を進めます。

主な研究内容

主な研究成果

研究施設とメンバー紹介

このページのTOPへ