印刷

イベント情報

火山災害の軽減のための方策に関する国際ワークショップ2007

—噴火未遂事象に学ぶ—
Workshop on Strategy of Volcanic Disaster Mitigation 2007
—Case studies on the attempted eruptions—

開催要項

火山災害の軽減のための方策に関する国際ワークショップ2007[PDF:1.52MB]

日時 平成19年12月16日(日曜)および12月18日(火曜)
場所 16日 山梨県富士吉田市(山梨県環境科学研究所多目的ホール)
「2000年富士山低周波地震活発化と噴火未遂」
18日 茨城県つくば市(防災科研和達記念ホール)
「海外・国内の噴火未遂事象に学ぶ―どのように対応するか、判断するか?―」
主催 山梨県環境科学研究所・(独)防災科学技術研究所
後援 気象庁・内閣府・文部科学省・日本火山学会・富士山火山防災協議会(予定)

(両日とも同時通訳付きで行います)

参加申込

ご氏名・ご所属・参加希望日(16日・18日)を明記の上、下記問い合わせ先にメール、Fax、お電話にてお申込ください。

プログラム(案:講演者・題目等は変更の可能性があります)

12月16日(日曜) 山梨県環境科学研究所(山梨県富士吉田市)
13時30分 開会の辞 荒牧重雄(山梨県環境科学研究所所長)
13時40分 来賓挨拶 (山梨県)
【2000年富士山噴火未遂】
13時50分 2000年富士山低周波地震活動活発化に伴う政府としての対応
荒牧重雄(山梨環境研)
14時10分 2000年富士山低周波地震活発化(噴火未遂)
鵜川元雄(防災科研)
14時30分 2000年富士山低周波地震活動活発化に伴う地元自治体の対応
真田喜久雄(富士吉田市役所・富士山火山防災協議会)
14時50分~15時00分 (休憩)
【各国の噴火未遂事例紹介】
15時00分 1.パプア・ニューギニア ラバウル
Herman Patia(パプア・ニューギニア ラバウル火山観測所)
15時20分 2.イタリア カンピ・フレグレイ
Giovanni Orsi(イタリア国立地球物理学火山学研究所 ベスビオ火山観測所)
15時40分 3.口永良部・桜島
井口正人(京都大学防災研究所火山活動研究センター)
16時00分 4.岩手山1998年
齋藤徳美(岩手大学)
【火山情報発信】
16時20分 災害心理学の視点から
広瀬弘忠(東京女子大学)
16時40分~16時50分 (休憩)
16時50分 総合討論:司会 荒牧重雄
  • 富士山火山防災協議会からのご意見
  • INS「岩手山火山防災検討会」からのご意見 他
17時20分 閉会の辞 志村 充(山梨県環境科学研究所 副所長)
17時30分 終了
12月18日(火曜) 防災科学技術研究所(茨城県つくば市)
09時30分 開会の辞
09時35分 挨拶 岡田義光(防災科学技術研究所理事長)
09時40分 開催趣旨 鵜川元雄(防災科学技術研究所)
【午前の部:噴火未遂事象に学ぶ1】
09時50分 ケーススタディ1 ロングバレーカルデラ
Jake. Lowenstern(米国地質調査所イエローストーン火山観測所)
10時30分 ケーススタディ2 ラバウル
Herman Patia(パプア・ニューギニア ラバウル火山観測所)
11時10分 ケーススタディ3 カンピ・フレグレイ
Giovanni Orsi(イタリア国立地球物理学火山学研究所 ベスビオ火山観測所)
11時50分 討論
12時15分~13時30分 昼休み
【午後の部:噴火未遂事象に学ぶ2】
13時30分 噴火未遂の取り扱い 鍵山恒臣(京都大学大学院理学研究科)
14時00分 新しい「噴火警戒レベル」 北川貞之(気象庁)
14時30分~14時45分 (休憩)
14時45分 総合討論「噴火未遂からまなぶこと」
司会 荒牧重雄・鵜川元雄
議論のポイント―各国の事例を比較検証
  • 噴火の予兆→どのくらい前にどのような異常現象を検出したか?
  • 終息宣言のタイミングとその理由は?
  • 研究者・行政はどのような判断をしたか? 避難のタイミング等
  • 住民の反応は?(混乱の状況等)
  • 噴火しなかった場合の行政対応
  • 短期予測~中期予測~長期予測
15時45分 閉会の辞

お問い合わせ先

(独)防災科学技術研究所 火山防災研究部
〒305-0006 茨城県つくば市天王台3-1
Tel. 029-863-7537 Fax. 029-851-5658, E-mail: kazan-ws07@bosai.go.jp

山梨県環境科学研究所
〒403-0005 山梨県富士吉田市上吉田剣丸尾5597-1
Tel. 0555-72-6211(代) Fax. 0555-72-6204

Get ADOBE READER

PDF ファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。Adobe ReaderはAdobe ReaderのダウンロードページBlankよりダウンロードできます。

このページのTOPへ