印刷

気象災害軽減イノベーションセンター長岡サテライト平成28年度活動報告会

気象災害軽減イノベーションセンター長岡サテライト平成28年度活動報告

防災科学技術研究所では、科学技術振興機構のイノベーションハブ構築支援事業『「攻め」の防災に向けた気象災害の能動的軽減を実現するイノベーションハブ』を実施しています。その活動拠点の一つとして、気象災害軽減イノベーションセンター長岡サテライト(雪氷防災研究センター内)を設置し、平成28年9月にキックオフシンポジウムを開催しました。

長岡サテライトでは、キックオフシンポジウムを受けて、6つのワーキンググループを設置し、地域の課題と向き合いながら、雪害と水害を中心に防災に関する活動を展開してきました。

本報告会では、平成28年度の活動内容と成果をご報告するとともに、様々な立場の方々と意見交換を行いたいと考えております。多数の皆様のご来場をお待ち申し上げております。

開催情報

日時 平成29年03月06日(月) 13:30~16:30
場所 長岡震災アーカイブセンターきおくみらい 多目的ホール
長岡市大手通2-6 フェニックス大手イースト2F
主催 国立研究開発法人 防災科学技術研究所
共催 長岡IoT推進協議会
公益社団法人中越防災安全推進機構
参加費 無料 定員60名
※シンポジウム終了後、同会場にて情報交換会(有料)を予定
詳細・お申込み 以下のホームページをご覧下さい。
気象災害軽減イノベーションセンター

※内容は予告なく変更する場合があります。あらかじめご了承ください。

このページのTOPへ