Hyogo Earthquake Engineering Reserch Center English 防災科学技術研究所ホームページへ 兵庫耐震工学研究センターサイトマップ
HOME研究内容プロジェクト>首都直下地震防災・減災特別プロジェクト
首都直下地震防災・減災特別プロジェクト始まる

  文部科学省では、切迫性が高く、推定される被害も甚大である首都直下でのM7程度の地震の姿(震源域、将来の発生可能性、揺れの強さ)の詳細を明らかにするとともに、耐震技術の向上や地震発生直後の迅速な被害把握等と有機的な連携を図り、地震による被害の大幅な軽減と首都機能維持に資することを目的とした「首都直下地震防災・減災特別プロジェクト」を、平成19年度から5ヵ年間の新規研究開発プロジェクトとして実施することになり、実施機関の公募が行われました。 兵庫耐震工学研究センターは、3つあるサブプロジェクトのうち「都市施設の耐震性評価・機能確保に関する研究」に応募し、企画提案書提出、書類審査及び面接審査をクリアーし 4月26日に採択通知を受けました。さらに、本年度の業務計画書に基づき、6月15日には研究契約が完了し、研究に着手しました。 超高層建物モデルや施設・重要機器一体モデルの震動実験をE-ディフェンスで行います。

 →首都直下地震防災・減災特別プロジェクトのページへ

このページのトップへ