マルチパラメータレーダシステム(MPレーダシステム)は雲−降水過程を研究するために1996-1997年の技術調査、基本設計、詳細設計を経て2000年に完成しました。MPレーダシステムは、雲を観測するための2波長高感度レーダ(MP-Ka/Wレーダ)と降水を観測するための3cm波長偏波レーダ(MP-Xレーダ)から構成されています。MP-Xレーダは当初、機動的な観測をおこなうために4トン車に搭載されていましたが、雨の連続観測をおこなうために、2003年に神奈川県海老名市の4階建ての建物の屋上に固定されました。これにより、首都圏における豪雨の発生を常時、監視することが可能になりました。このパンフレットではMP-Xレーダについてのみ説明しています。

防災科学技術研究所の マルチパラメータレーダシステム (2000年、つくば) 左:MP-Ka/W, 右:MP-X.

移設されたMP-X
(2003年、神奈川県海老名市)

Table 1 マルチパラメータレーダMP-Xの主な仕様
周波数  
9.375 GHz
アンテナタイプ   
パラボラ, 直径2.1 m
  スキャン範囲(速度): AZ   
360° (36 deg/s max.)
EL   
-2 ~ +92° (18 deg/s max.)
アンテナ利得   
41.6 dB
ビーム幅   
1.3 deg
送信管   
マグネトロン
尖頭出力   
50 kW
パルス幅   
0.5 μs
パルス繰り返し周波数   
1,800 Hz (max.)
偏波   
H, V
ドップラー処理   
PPP, FFT
雑音指数   
2.3 dB
観測範囲   
80 km
観測パラメータ   
ZH, V, W, ZDR, ρhv, ΦDP, KDP
design by graficom
Copyright 2004 - The National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention