平成12年6月27日

報道関係各位

 科学技術庁
                   防災科学技術研究所

 三宅島火山活動に関する傾斜計による観測の状況について


 科学技術庁防災科学技術研究所(所長:片山恒雄)は、三宅島に設置している5カ所の観測点において傾斜計による観測を実施中です。その状況は次のとおりです。

(1) 6月26日18時30分頃より、5カ所の観測点全てにおいて傾斜の変化が観測され始めた。
(2) その後、三宅島南東部の坪田観測点(MKT)において、東北東方向下がりの傾斜(西南西方向が上昇)する大きな動きが21時頃まで続き、その後東南東〜南南西方向に下がる動きに変化した。
(3) 一方三宅島南西部の阿古観測点(MKA)が21時頃より南方向に傾斜(北方向が上昇)する大きな動きが始まり、6月27日1時頃まで続いた。その変動幅は約170μラジアン(1km先で17cmに相当する角度)にも達した。
(4) 6月27日1時頃以降も一時期よりはゆるやかではあるが、各観測点において傾斜の変化が続いている。(27日11時現在)
(5) なお、これらのデータを気象庁へ継続して提供している。


参考:観測点は以下の5ヶ所。
     三の宮観測点(MKS)         
     神着観測点(MKK)
     坪田観測点(MKT)
     阿古観測点(MKA)
     三宅島地殻活動観測点(MKE)

問い合わせ先:
 防災科学技術研究所
  地震調査研究センター 鵜川、藤田、山本 0298-58-1004(直)
  管理部企画課      深井、田中、池田 0298-52-0814(直)