有珠山の山体表面温度観測について

(平成12年度第6回観測速報結果)

 

平成12年8月1日

防災科学技術研究所

 

 防災科学技術研究所では平成12年8月1日に今年度第6回目の有珠山温度観測を実施し、下記の結果を得た。

 

1.これまでの観測結果との比較

 (1)観測諸元比較 (表1)

 (2)主な地点の最高温度比較表 (表2)

 

2.まとめ

 有珠山山頂部及び昭和新山地域に新たに顕著な熱異常域は見られない。西山火口群と金比羅山火口群の最高温度はそれぞれ49℃で、前回の観測値と大差ない。なお、これらの火口群の観測温度値は、噴気・噴煙の影響を受けていると考えられる。

 

連絡先: 防災科学技術研究所
  地震調査研究センター
  火山噴火調査研究室
  鵜川・藤田
  TEL:0298-58-1004、FAX:0298-51-5658

   

 

 

航空機搭載型MSSによる有珠山温度観測比較表

表1 観測諸元比較

 

 No.

 

     観測日時

 

使用観測器

 

瞬時視野角

 

 飛行高度(対地高度*

 

   備 考

 

1999-1

 

199910 4 8時頃

 

  VAM-90A

 

 1.5mrad

 

   2,700m (2,000m

 

  1コース

 

2000-1

 

2000 4 3日 9時頃

 

 VAM-90A

 

 1.5mrad

 

  2,700m   (2,000m)

 

   2コース

 

2000-2

 

2000 42612時頃

 

  J-SCAN-AZM

 

 1.25mrad

 

   3,100m   (2,400m)

 

   1コース

 

2000-3

 

2000 52510時頃

 

  VAM-90A

 

 1.5mrad

 

   3,100m   (2,400m)

 

   2コース

 

2000-4

 

2000 61611時頃

 

  VAM-90A

 

 1.5mrad

 

   3,100m   (2,400m)

 

   2コース

 

2000-5

 

200071114時頃

 

  VAM-90A

 

 1.5mrad

 

    3,100m  (2,400m)

 

   2コース

 

2000-6

 

20008113時頃

 

  VAM-90A

 

 1.5mrad

 

    3,100m   (2,400m)

 

   2コース

  *対地高度は基準面高度を700mとしたときの値。

 

 

 今回の観測諸元。

 


表2 主な地点の最高温度比較表

 

 

観測日

 

有珠山山頂部

 

昭和新山

 

西山西麓

 

金比羅山周辺

 

有珠山*

山麓部

 

洞爺湖*

水温

 

気温

(室蘭)

 

1999-1  1999/10/4

 

184

 

94

 

−−−

 

−−−

 

8-12

 

 

15

 

2000-1  2000/4/3

 

174

 

95

 

43

 

46

 

0-8

 

4-5

 

5

 

2000-2  2000/4/26

 

171

 

66

 

38

 

33

 

 

 

8

 

2000-3  2000/5/25

 

165

 

106

 

NB

40

 

NC

48

 

KA

48

 

KB

41

 

15-30

 

10-13

 

12

 

2000-4  2000/6/16

 

159

 

102

 

48

 

58

 

54

 

48

 

18-25

 

15-18

 

21

 

2000-5  2000/7/11

 

170

 

110

 

*

 

53

 

*

 

53

 

19-23

 

18-19

 

25 **

 

2000-6  2000/8/1

 

151

 

80

 

44

 

49

 

49

 

40

 

23-26

 

22-23

 

27 **

   注)1999-1は幾何補正画像による温度値、2000-15はバルク画像による温度値。

 

 

  :今回の観測値。即時処理による暫定温度値。  *の項は噴気により測定できない。

 **:伊達の気温。

 

 

 

 

 

以上