印刷

新着情報

五重塔1/5模型振動台公開実験とシンポジウム

五重塔を揺らす2006

主  催 NPO木の建築フォラム
独立行政法人 防災科学技術研究所
日  時 2006年4月14日(金)10時00分~17時15分
公開実験予定時刻:14時15分~15時30分
場  所 独立行政法人 防災科学技術研究所(茨城県つくば市天王台3-1)
内  容 五重塔は地震で倒壊した記録がないと言われていますが、その耐震性の説明は諸説あり、実際の五重塔で大地震動時の挙動を工学的な観点から測定、観察を行った例がないこともあって、未だ解明されたとは言いがたい状態にあります。 2004年12月の公開実験・シンポジウムでは、飛鳥様式の五重塔の1/5模型(宮﨑忠仍棟梁製作)の振動実験を見ながら、五重塔の耐震性について活発な討論を行うことができました。今回は、この模型を再度用い、特に心柱の影響を明らかにすることを主目的として、心柱形式を違えた振動実験を予定しています。
定  員 200名(申込多数の場合お断りすることがあります)
資 料 代 2,500円(税込み。予定)当日受付で
申込方法 申込書PDF(30KB)にご記入の上、建築研究所河合研究室宛Fax. 029-864-6773に送付、又は次の内容を、河合研究室にお送りください。
氏名、所属、連絡先電話、FAX、E-mail、当日の交通手段、懇親会の出欠
申込締切 4月10日(月)
問合せ先 kawai@kenken.go.jp
交  通 防災科研のホームページをご覧ください。http://www.bosai.go.jp

プログラム(予定)

10時00分 開会挨拶
10時10分 報告 建設計画事例-身延山久遠寺五重塔
意匠設計:橋本孝(文建協)
構造設計:松原正安(タイセイ総研)
11時10分 報告2004年実験結果報告
千葉一樹(首都大)
12時00分 休憩
13時00分 パネルディスカッション第1部
司会:河合直人(建研)
副司会:藤田香織(首都大)
パネリスト:三辻和弥(東北大)、稲山正弘(東大)、腰原幹雄(東大生研)、花里利一(三重大)、後藤治(工学院大)
14時15分 試験体説明:宮﨑忠仍(宮大工)
実験概要・諸注意:箕輪親宏(防災科研)
14時30分 振動実験見学
15時30分 パネルディスカッション第2部
実験結果の報告:首都大・藤田研究室
パネリスト:同上
17時00分 総括 坂本功
17時15分 閉会

なお、シンポジウム終了後に懇親会(2000円)を予定しています。併せてお申し込みください。
また、駐車場もございますが混雑が予想されます。ご来場はなるべく公共交通をご利用ください。つくばエクスプレス・つくば駅からバス又はタクシーが便利です。

Get ADOBE READER

PDF ファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。Adobe ReaderはAdobe ReaderのダウンロードページBlankよりダウンロードできます。

このページのTOPへ