印刷

新着情報

小原一成地震研究部副部長が「井上学術賞」を受賞

「沈み込み帯における様々なスロー地震の発見」により、
井上科学振興財団Blank井上学術賞Blank」を受賞しました。

井上学術賞は、自然科学の基礎的研究で特に顕著な業績を挙げた50歳未満の研究者に授与されます。毎年自然科学に関する28学会及び井上科学振興財団の役員並び に評議員等から候補者の推薦を受けて選考を行い、5件以内を決定します。この度、日本地震学会による推薦を経て受賞につながりました。

深部低周波微動とスロースリップの分布

受賞理由

受賞者は、世界で初めて「深部低周波微動」を発見し、さらに「短期的スロースリ ップ」、「深部超低周波地震」及び「浅部超低周波地震」といった、フィリピン海プ レート境界付近で発生する様々なスロー地震を次々と発見しました。

スロー地震とは、通常の地震よりもゆっくり断層破壊する地震のことであり、巨大 地震発生域であるプレート境界付近でのこれらの発見は、プレート境界の破壊過程を 解明する上で大きな手がかりとなり、巨大地震発生予測に大きく貢献するものと期待 されています。

この業績に基づき、世界中で同様の現象に関する調査が開始され、沈み込み帯以外 でも新たに発見されています。このように本業績により、解析手法や発生メカニズム に関する研究が大いに進展するなど、この研究分野において世界を先導していること が高く評価されました。

Get ADOBE READER

PDF ファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。Adobe ReaderはAdobe ReaderのダウンロードページBlankよりダウンロードできます。

このページのTOPへ