印刷

新着情報

宮城県より感謝状をいただきました

東日本大震災以降、防災科研では東日本大震災協働情報プラットフォーム(ALL311)の構築と運営や災害ボランティアセンターの情報支援、行政の災害対応活動に関する情報支援等の活動も行ってまいりましたが、この度、それら被災地支援活動に対し宮城県より感謝状をいただきました。

感謝状

感謝状には、「宮城県では、多くの尊い命が失われ、35万棟を超える家屋が損壊・流出するなど未曾有の被害が生じました。復興までの道のりは決して平坦なものではありませんが、協力の「絆」を胸に、県民一丸となって復興を成し遂げ、ふるさと宮城の再生とさらなる発展に向けて、全力で取り組むことを堅くお誓い申し上げます」と締められていました。

 

防災科研は自然災害から人命を守り、災害に強い社会を実現するための科学技術を発展させる使命を全うするべく、これからも研究活動を進めてまいります。


このページのTOPへ