印刷

お知らせ

戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)の採択について

 この度、独立行政法人 防災科学技術研究所は、内閣府の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)の課題の一つ、「レジリエントな防災・減災機能の強化」の研究責任者及び研究開発課題に決定しました。

 「レジリエントな防災・減災機能の強化」は、府省連携により災害情報をリアルタイムで共有・利活用する仕組を構築するとともに、地域における防災リテラシーを向上させることで、国民一人ひとりの防災力の向上を目指すものです。

 防災科学技術研究所は「レジリエントな防災・減災機能の強化」の7つの研究開発項目のうち、①津波予測技術の研究開発、④ICTを活用した情報共有システムの研究開発及び災害対応機関における利活用技術の研究開発、⑤災害情報収集システムおよびリアルタイム被害推定システムの研究開発の3件の研究開発機関として、また、②豪雨・竜巻予測技術の研究開発の共同研究開発機関として、全力を尽くし研究開発を進める所存です。

 

注:総合科学技術会議が自らの司令塔機能を発揮して、府省の枠や旧来の分野の枠を超え たマネジメントに主導的な役割を果たすことを通じて、科学技術イノベーションを 実現するために新たに創設するプログラム

 

リンク http://www.jst.go.jp/pr/info/info1048/index.html

このページのTOPへ