印刷

新着情報

水資源機構と包括的連携に関する協定を締結

締結の様子

独立行政法人水資源機構 甲村理事長(写真右)、防災科研 林理事長(写真左)

防災科学技術研究所(以下「防災科研」という。)は、独立行政法人水資源機構と、研究開発、研究成果の社会への普及、災害時等における相互協力等の各面にわたって広く協力し、国民生活の安定及び災害に強い社会の実現に貢献することを目的とした包括連携協定を、平成30年2月20日に締結しました。

国民への重要な水の安定供給に加え、災害時の被災地支援もおこなっている水資源機構と新たに協定を結ぶことで、災害時の支援活動の相乗効果が一層期待されるだけでなく、水資源機構様の有する現場施設というフィールドでの研究成果の普及・活用の可能性にも大いに期待しています。

防災科研は、防災科学技術の研究開発成果の最大化を図っていく上で、多様な組織の枠を超えた連携を今後より一層進めてまいります。

締結時の記念写真

連携事項
  • 研究開発に関すること
  • 研究成果の社会への普及・活用の推進に関すること
  • 災害時等における相互協力に関すること
  • 両機関の人的交流に関すること
  • その他、両機関が必要と認めること
締結名義
  • 国立研究開発法人防災科学技術研究所 理事長 林 春男
  • 独立行政法人水資源機構 理事長 甲村 謙友

このページのTOPへ