防災科研 NIED

EN | JP

印刷

報道発表

「首都圏を中心としたレジリエンス総合力向上プロジェクト」平成30年度成果報告会

「首都圏を中心としたレジリエンス総合力向上プロジェクト」平成30年度成果報告会
  ~ 首都圏のレジリエンス力向上のため「励むべきこと」は何か ~

A4チラシサムネイル

国立研究開発法人 防災科学技術研究所は、2月28日(木)、平成30年度成果報告会~首都圏のレジリエンス力向上のため「励むべきこと」は何か~を開催します。

本会では、この1年間の活動の成果を共有し、今後の活動を話し合います。パネルディスカッションでは、首都直下地震の被害をどう捉え、何に取り組むかについて、内閣府政策統括官として担当した日原洋文氏と、首都圏レジリエンスプロジェクトで共通価値の創造(CSV)の確立を目指す平田 直センター長から元TBSキャスターの下村健一氏が引き出します。

プログラム

(第Ⅰ部)プロジェクトにおける本年度(平成30 年度)の成果

(第Ⅱ部)本年度の注目研究「データ利活用が紡ぐ新たな価値の創造Ⅱ」

(第Ⅲ部)パネルディスカッション

話し手:日原 洋文 一般財団法人 日本不動産研究所 理事長
元内閣府政策統括官(防災担当)

平田 直   国立研究開発法人防災科学技術研究所 首都圏レジリエンス研究センター センター長
東京大学 地震研究所 教授

聞き手:下村 健一 白鴎大学 客員教授
元 TBSキャスター

開催情報

日時 平成31年2月28日(木)13:30~17:30 (12:30開場)
会場 伊藤謝恩ホール
東京大学伊藤国際学術研究センター(地下2階)
〒113-0033 東京都文京区本郷7丁目3-1
https://www.u-tokyo.ac.jp/adm/iirc/ja/hall.htmlBlank
申し込み方法 Eメールにて、【2/28成果報告会申込】のタイトルで、お名前・所属を明記の上、以下のアドレスまでお申し込みください。なお、定員に達した時点で締め切らせていただきます。
参加申し込みe-mail : info_for_r[AT]bosai.go.jp
※[AT]を@に変換してください
問合先 国立研究開発法人 防災科学技術研究所
首都圏レジリエンス研究センター 研究戦略室
TEL.029-863-7260

Get ADOBE READER

PDF ファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。Adobe ReaderはAdobe ReaderのダウンロードページBlankよりダウンロードできます。

このページのTOPへ

pagetop