印刷

過去の情報

  • 2010年11月30日 富山県 立山雪崩(2010.12.1)調査報告PDF
    2010年11月30日午前8時50分頃、山スキーで国見岳の北東斜面を登行中に雪崩が発生し、6名パーティの6人全員が雪崩に巻き込まれた。部分埋没の1人と、後方を歩いていた2パーティ等によって救助活動が行われたが、2名死亡、3名怪我となった。
  • 2010年2月6日 長野県 志賀高原雪崩PDF
    2010年2月6日午後7時40分、長野県山ノ内町志賀高原前山スキー場付近で雪崩が発生し、ホテルや観光バス、乗用車を襲い、ホテル内の客2人が軽いけがを負った。
  • 2010年2月4日 新潟県 糸魚川雪崩PDF
    2010年1月26日に新潟県糸魚川市西飛山、2月3日には糸魚川市谷根で雪崩が発生し、道路を埋雪し一時通行止めとなった。
  • 2009年4月4日 栃木県 那須岳雪崩PDF(400KB)
    2009年4月2日14:30ごろ、那須岳(栃木県)の林道上を歩行中の5名が雪崩に巻き込まれて下方へ流され、4名が途中で停止したが、1名がデブリ末端付近に埋まり死亡した。
  • 2008年3月8日 岩手県八幡平市 源太ヶ岳雪崩PDF(300KB)
    2008年3月8日12時27分頃、岩手県八幡平市の源太ヶ岳(標高1545m)で雪崩が発生し、山スキー・登山中の4人が巻き込まれ2人が死亡した(死因は窒息)。現場は源太ヶ岳の東側斜面であり、縦150~200m、横約150mの範囲で雪が崩れたと報道された(ウェブ版朝日新聞2008年3月8日、岩手日報2008年3月9日朝刊)。
  • 2008年2月3日長野県 栂池雪崩PDF(100KB)
    2008年2月3日午後4時ごろ、長野県小谷村の栂池高原スキー場で雪崩が発生し、スキー実習中だった学生5人と男性指導者2人が巻き込まれ、学生2人が死亡、2人が軽症を負った。
  • 2008年1月7日 北アルプス・槍ヶ岳雪崩PDF(20KB)
    2007年12月31日午後11時半頃、岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂の北アルプスの槍ケ岳の槍平小屋付近(標高約1991m)で、テントで休んでいた2パーティー計7人が巻き込まれ、男性4人が窒息死する雪崩事故が発生した。
  • 2008年3月5日 山形県真室川町 大沢雪崩PDF(1.4MB)
    2008年3月4日16時55分頃、山形県真室川町大沢の小又で雪崩が発生し、1人が巻き込まれ約20分後に救出されたが重傷を負った。被災場所は小又山復旧治山工事現場であった(山形新聞2008年3月5日朝刊)。
  • 2008年3月17日 山形県米沢市 入田沢雪崩PDF(100KB)
    2008年3月15日6時半頃、山形県米沢市入田沢の旧国道112号が雪崩によりふさがれていることが、通勤途中の施設従業員の通報によりわかった。雪崩は前日夕方から当日の朝の間に発生したと見られる。負傷者は無かった(山形新聞2008年3月15日夕刊、同16日朝刊)。
  • 2008年2月12日 山形県新庄市 東北情報センターにおける屋根雪の崩落事故PDF(100KB)
    2008年2月11日10時40分ごろ、山形県新庄市十日町にある(株)東北情報センターにおいて屋根雪の一部が崩落し、下で灯油の配管移設工事をしていた作業員5名のうち1名に衝突した。当作業員は、股関節脱臼と骨盤骨折の疑いなどの重傷を負った(山形新聞2008年2月11日Web版)。

Get ADOBE READER

PDF ファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。Adobe ReaderはAdobe ReaderのダウンロードページBlankよりダウンロードできます。

このページのTOPへ