トップページ
■サブ課題1
●サブ課題2
●サブ課題1
●サブ課題2
●メンバー
●事務局所在地
●お問い合せ
●論文・学会発表等
●成果報告書
●主な成果
 東京都市圏(東京都・神奈川
 県・埼玉県・千葉県・茨城県南
 部)
共同研究参画機関:
 国立環境研究所
協力連携機関:
 気象研究所
 コロラド大学
 海洋研究開発機構
 損害保険料率算出機構
 茨城大学
 筑波大学
 国際応用システム分析研究所
 東京都市圏の自治体



土地利用変化シナリオを用いた地域気候シミュレーション技術の開発
サブ課題(1) (防災科学技術研究所)
高解像度土地利用変化情報を組み込む力学的ダウンスケーリング手法の開発。
脆弱性評価、適応戦略の策定・検討に必要な次期IPCCシナリオに対応する代表的濃度経路(RCP)シナリオ、複数 の気候モデルの不確実性、過去から将来にわたる土地利用変化シナリオの不確実性、都市の3次元構造を考慮し た、水平格子間隔5qの高解像度地域気候シミュレーション。



環境省環境研究総合推進費(S−5)において、東京大学・国立環境研究所・海洋研究開発機構による全球気候モデルの計算結果(20c3m、a1bシナリオ)を水平格子間隔20kmの地域気候モデルでダウンスケーリング。
地域気候シナリオの不確実性検討。