プレス発表


(2015/5/12発表)

公開実験のお知らせ

新庄雪氷防災実験棟の人工雪の積雪を用いた降雨による屋根上の積雪重量増加実測実験を実施します。

 日時:平成27年5月18日(月)10時〜14時頃
 場所:国立研究開発法人 防災科学技術研究所 雪氷防災研究センター 新庄雪氷環境実験所
     〒996-0091 山形県新庄市十日町高壇1400


(2015/3/2発表)

公開実験のお知らせ

積雪後の降雨の影響を考慮した積雪荷重の実スケール仮設屋根を用いた計測実験を実施します。

 日時:平成27年3月7日(土)〜10(火)10時〜14時頃
     (降雪時実験条件がそろった日に実施。頂いた連絡先に連絡)
 場所:国立研究開発法人 防災科学技術研究所 雪氷防災研究センター
     〒940-0821 新潟県長岡市栖吉町前山187-16


(2014/7/2発表)

スイス連邦 雪・雪崩研究所(SLF)と(独)防災科学技術研究所(NIED)が包括的研究協定(MOU)を締結

独立行政法人 防災科学技術研究所(理事長 岡田義光)と スイス連邦雪・雪崩研究所(所長 ユルク・シュバイツァー)は、両者間での研究者の交流や情報交換を円滑かつ活発に行うことを目的として、平成26年7月1日、包括的研究協力協定を締結しました。
これまで両機関は、温暖積雪地帯に対応した積雪構造物理モデルの開発、吹雪の発生メカニズム解明など個別の課題において研究協力を実施してまいりましたが、今回の包括的研究協力協定締結で、より広範な研究テーマにおいて、データや施設の共同利用、フィールドにおける共同調査などが円滑に実施できることとなり、研究者の交流や共同研究が効果的に進むことが期待されます。


戻る