印刷

すぐ使えるデータベース

リアルタイムに得られる観測情報

[最新震源情報]や[AQUAシステム震源速報]など、地震が発生するとHi-netの地震観測システムで自動的に求められた情報を表示しています。この情報は緊急地震速報でも活用されています。また、最近の大きな地震について、Googleマップによる震源情報表示も行っています。

現在の地震の揺れを、目で見えるような形でライブ配信している強震モニターをはじめ、K-NETの強震記録から計算した計測震度やREISが決定した震央位置を使った解析画像等々、速やかに公開しています。

首都圏の降雨強度や風向き、風速をリアルタイムに表示します。情報公開は梅雨から台風シーズンが終了するまでの期間限定となっています。なお、防災科研の成果を活用した国土交通省の「XバンドMPレーダ雨量情報(http://www.river.go.jp/xbandradar/)」も公開されています。

マルチパラメータレーダで観測したリアルタイム雨量情報を用いて、詳細な浸水被害危険度情報を試験的に提供しています。

新潟県上中越地域上空の降雪分布を、ビジュアルに表示しています。

このページのTOPへ