E-ディフェンス

E-ディフェンスについて

本施設は、実際の構造物を1995年に発生した兵庫県南部地震クラスの震動を、前後・左右・上下の三次元の動きを再現させ、構造物の破壊挙動を再現することができます。E-ディフェンスは、耐震設計にかかわる研究・開発を進める上で、究極の検証手段を提供することを目指しています

E-Defense

E-ディフェンスは、実大三次元震動破壊実験施設の愛称です。 EはEarthを表し、防災を地球規模でとらえ、住民の生命と財産を守る研究開発への期待を示し、シンボルマークは大地の割れと地震の姿、それを再現するE-ディフェンスの三次元の動きを三色で表現しています。

E-ディフェンスの主要施設

  1. 主油圧ポンプ
  2. 主アキュムレータ
  3. E-ディフェンスの鳥瞰図

実験棟

  1. 震動台
  2. 400トン天井クレーン 2基
  1. 実験準備棟
  2. 計測制御棟

三次元震動台の基本仕様

震動台の大きさ 20m x 15m
最大搭載荷重 12MN (1200tonf)
加振方向 X, Y -Horizontal Z -Vertical
最大加速度 900cm/s2 1500cm/s2
最大速度 200cm/s 70cm/s
最大変位 ±100cm ±50cm

このページのTOPへ