大型耐震実験施設

  1. 五重塔の振動実験 (1/5スケール)
  2. 鉄筋コンクリート建物の振動破壊実験(1/3スケール)

1970年に筑波研究学園都市施設第1号として開設されました。サイズ14.5mx15mの大型テーブルを利用して、大規模な耐震実験を実施することができます。現在でも、テーブルサイズはE-ディフェンスについで世界第2位の大きさです。

このページのTOPへ