印刷

防災科研の見学

防災科研では、国民に防災科学技術の理解を高めてもらい、防災リテラシー・科学リテラシーに役立てていただくため、防災科学技術に関する研究概要や研究成果などをわかりやすく説明したり、施設見学を受け入れたりしています。 ここでは見学についてご紹介します。

防災科研の見学

防災科研紹介DVD

NIED君と博士が防災科学技術研究所についてわかりやすく説明してくれます。約20分。

大型耐震実験施設

防災科研つくば本所では、世界で二番目の大きさの振動台を用いて加震実験を行っています。この振動台のサイズは14.5m×15mで、1970年に筑波研究学園都市施設第一号として開設されました。
ここでは、民間企業や大学などと共同で実験を行うこともあります。

大型耐震実験施設

大型耐震実験施設

大型降雨実験施設

15mm~300mm毎時の雨を降らせることができる世界最大級の施設です。山崩れや土石流、洪水災害などに関する実験を行っています。見学時には、雨を降らせる装置の模型を使って分かりやすく説明しています。
ここでは、民間企業や大学などと共同で実験を行うこともあります。

大型降雨実験施設

地震ザブトン

地震ザブトンとは、防災科学技術研究所の強震観測網(K-NET)等で観測された実際の地震波や長周期地震動の想定地震波を再現し、揺れと同期した室内被害映像を見ながら地震動を体験できる小型地震動シミュレーターです。  地震動を体験することにより、地震について正しく理解し、地震災害に備える意識向上に役立てていただくことを目的としています。

体験できる主な地震動

  • 東北地方太平洋沖地震(K-NET仙台など)2011年(平成23年)
  • 新潟県中越地震(K-NET小千谷)2004年(平成16年)
  • 兵庫県南部地震(JR鷹取駅など)1995年(平成7年)
  • 想定東海地震_新宿高層ビル30階(長周期地震動シミュレーション)

このページのTOPへ