NIED|研究施設紹介|見学・研修|防災科研の見学|防災科学技術研究所本所(つくば)の見学要綱

印刷

防災科学技術研究所本所(つくば)の見学要綱

受け入れ可能団体

原則として20名以上60名以下の団体

見学可能日

平日(年末年始・夏季休業を除く)
※ただし、研究所の行事等でお受けできない日がありますので、詳細はお問合せください。

お申込みの方法

  • まず、電話で希望日時と人数をお知らせ下さい。予約の受け付けは5カ月先までとさせて頂いております。
    Tel. 029-863-7792(平日10:00~16:00)
  • 受け入れ可能なときは、メールかファックス(どちらかご希望の方)で施設見学依頼書をお送りしますので、必要事項を記入して返信して下さい。
  • 国外見学者につきましては、メールにてお問い合わせください。
     E-mail:kokusai@bosai.go.jp
  • プライバシーポリシーについて

★見学にあたっての注意事項
酒気を帯びた方のご見学は、お断りいたします。
屋外を歩きますので、歩きやすい履物でお越しください。

見学の内容

①防災科研紹介DVDの上映
②地震ザブトン体験
地震ザブトンを体験頂けるのは時間の都合により代表者3名程度です。見学者全員は体験できませんのであらかじめご了承ください
事前にこちらをご確認下さい
③大型耐震実験施設の見学(ゆれを体験することはできません)
④大型降雨実験施設の見学(降雨は体験できません)
 ※所要時間は約1時間20分です。
ご希望により、次の内容を組み合わせることが可能です(担当者の都合がありますのでご相談ください)。
・災害科学実験教室:Dr.ナダレンジャーによるおもしろ科学実験教室。主として中高生団体対象
・自然災害情報室(資料室)の見学

防災科研紹介DVD

防災科学技術研究所についてまとめた映像です。

地震ザブトン

地震ザブトンとは、防災科学技術研究所の強震観測網(K-NET)等で観測された実際の地震波や長周期地震動の想定地震波を再現し、揺れと同期した室内被害映像を見ながら地震動を体験できる一人乗りの地震動シミュレーターです。地震動を体験することにより、地震について正しく理解し、地震災害に備える意識向上に役立てていただくことを目的としています。

体験できる主な地震動

  • 東北地方太平洋沖地震(K-NET仙台など)2011年(平成23年)
  • 新潟県中越地震(K-NET小千谷)2004年(平成16年)
  • 兵庫県南部地震(JR鷹取駅)1995年(平成7年)
  • 想定東海地震_新宿高層ビル30階(長周期地震動シミュレーション)

大型耐震実験施設

防災科研つくば本所では、世界で二番目の大きさの振動台を用いて加震実験を行っています。この振動台のサイズは14.5m×15mで、1970年に筑波研究学園都市施設第一号として開設されました。
ここでは、民間企業や大学などと共同で実験を行うこともあります。

大型耐震実験施設

大型耐震実験施設

大型降雨実験施設

15mm~300mm毎時の雨を降らせることができる世界最大級の施設です。山崩れや土石流、洪水災害などに関する実験を行っています。
ここでは、民間企業や大学などと共同で実験を行うこともあります。

大型降雨実験施設

このページのTOPへ