地震

主なコンテンツの一覧です。

学ぶ

地震の基礎知識とその観測

地震による災害は、自然災害の中でももっとも恐ろしいものとされています。それは、地震の発生が突発的であり、瞬時に建物やいろいろな構造物に被害を与える上、津波や崖崩れ、火災など様々な災害を同時多発的に連鎖誘発するためです。このような地震災害に立ち向かうためには、まず地震という相手の素性をよく知っておく必要があります。

強震動の基礎

本テキストは、当Webサイト等で公開されている強震記録の利用者等が、記録の理解を深める為に計画され、作成されたものである。その内容は、強震記録の扱いに限定したものではなく広く地震動の基礎を網羅したものとなっており、地震動の一般的な学習に役立つ事を心がけた。

防災基礎講座ポータルサイト

台風・洪水・地すべり・地震・津波・火山噴火など自然災害の全体について、どのようなしくみで発生するのか、危険な場所・安全な場所はどこか、どのような被害が生じているか、どうして防いだらよいかなどについて、災害の具体例に基づき多数の図・写真を示しながら基礎的な事項を解説します。

昭和35年チリ地震津波50周年特別企画展

1960年5月に発生したチリ地震は、有史以来観測された中で最大規模の巨大地震で、最大震度は気象庁震度階級では震度6相当とされています。日本では、地震発生から約22時間半後の5月24日未明に津波が三陸海岸沿岸を中心に襲来し、大きな被害が発生しました。

調べる

地震観測網ポータル

地震観測網が日々捉えているリアルタイムの地震情報を一目でご覧いただけます。また、防災科研の配信する様々な地震情報や最新の研究成果にアクセスすることができます。

VRMLによる3次元震源分布表示

防災科研の高感度地震観測網Hi-netの観測により捉えられた地震の震源分布をVRMLにより3D化して表示します。日本列島下で発生する地震について自分の好きな角度や縮尺で調べることができます。日本列島の下に沈み込むプレートの形状をわかりやすい形でご覧頂くこともできます。

地震ハザードステーション(J-SHIS)

地震の位置・規模・発生確率にもとづき各地点がどの程度の確率でどの程度揺れるのかなどをまとめて計算し、その分布をGoogleマップ上に示した全国地震動予測地図の公開システムJ-SHISもホームページで公開しています。

刊行物

大地震の時の心得

いざ大地震発生! という場合、一人一人が適切な処置をとれるように、ふだんから心がけていることが大切です。地震の被害を防いだり、軽くしたりするために、日頃から気をつけ、ぜひ実行して欲しいことを標語にしました。

日本の地震活動立体模型 震源くん

「震源くん」を組み立てると, 日本のどこでたくさんの地震が起こっているのか分かりやすく観察することができます。

防災科研から公開されているデータは、データ公開一覧をご覧ください。

Get ADOBE READER

PDF ファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。Adobe ReaderはAdobe ReaderのダウンロードページBlankよりダウンロードできます。

このページのTOPへ