PDFの活用法

PDFのマークのついた刊行物は、クリックするとPDFファイルを表示します。PDFは「ぴーでぃーえふ」と読み、画面上では読みやすく、また高品質で印刷できるファイル形式です。防災科研では、ホームページ上で多くの刊行物をPDF化し、ご利用いただけるようになっています。

PDFファイルを表示するためには、Adobe Readerが必要です。PDFが見られない場合は、無償で配布されていますので、アドビ システムズ 株式会社のホームページから入手してください。

(図説)Internet Explorer 8 でPDFを表示した例

①をクリックすると、高解像度で印刷することができます。ただし、高解像度の印刷を禁じた設定のPDFや、もともとの画質が悪い場合は、あまり綺麗に印刷されません。
②をクリックすると、お手持ちのパソコンにPDFデータを保存することができます。保存したPDFファイルは、インターネットに接続しなくても見られるようになります。

(図説)①の印刷アイコンをクリックするとでてくる画面例

③の[ページの拡大/縮小]を[小冊子の印刷]にし、④の[小冊子の印刷方法]を[両面で印刷]で印刷すれば、中綴じの本の状態で印刷されます。印刷された紙を半分に折れば、冊子の完成です。ただし、両面印刷に対応していないプリンターでは、片面ずつの印刷となります。

その他にも、PDFでは様々な印刷が行えますので、⑤の[印刷のヒント]をクリックして活用してください。

このページのTOPへ