災害過程の科学的解明と効果的な災害対応策に関する研究

災害から速やかに
立ち上がる力を備えるために

災害過程の科学的解明と効果的な災害対応策に関する研究 の画像。

災害とは単に人命や財産が失われることに留まりません。その本質は「日常性の崩壊」と言われます。災害への備えとは、建物やインフラを強固にすることだけで達成されるわけではありません。私たちの社会の制度や仕組み、組織や個人の能力、あるいは文化として、災害から速やかに立ち上がる力を備える必要があります。
このために、防災科研では、災害発生によって社会にどのような被害が発生し、どのような回復過程を辿るかを、防災実務や災害現場との協働を通じ、科学的に明らかにします。そしてその理解に基づいた効果的な防災対策・防災教育・防災政策の提案を目指します。

プログラム科学による災害過程の解明

災害により人命の損失、建物やインフラへの被害が発生すると、その影響は社会・経済活動、復旧・復興活動へと波及していきます。特に都市災害や広域災害ではその影響は大きく、波及過程は複雑化します。本研究では様々な分野の知を統合し、災害過程のシミュレーションを可能にすることで大規模災害のシナリオを解明します。

災害時のライフライン寸断・インフラ被害の発生可能性・支障期間シミュレーションの画像

頻発する豪雨災害からいのちを守る

近年の頻発する豪雨災害に焦点をあて、地域コミュニティ自らが適切な避難を可能にするために、豪雨被災地の地域コミュニティを対象にした避難実態の調査をはじめ、豪雨時に迫ってくる災害の危険性と各主体の災害対応を時系列で整理した豪雨シナリオの作成、さらに、豪雨シナリオをもとに地域コミュニティの被災経験を振り返る手法の開発と実証を通じて、災害時の避難に関連する様々な情報に加え、平時から地域で行われている様々な地域活動や防災活動の実態等が避難に及ぼす影響を解明します。

地域コミュニティにおける活動の様子

豪雨シナリオをもとに地域コミュニティの被災経験を振り返る手法の図

災害対応基本モデルの提案

大きな災害が発生すると、被災地では、官民の多くの機関が活動をします。被災地の市町村と都道府県を中心に、他地域の自治体やの国の省庁、ライフライン企業、NPO/NGOなどが支援に訪れます。こうした多様な機関による活動が、災害時により円滑に行われるように、共通的な応援受援の基本手順を整理し、事前の普及方法とともに提案していきます。

災害対応基本モデルの図

TOPICS米国の災害危機管理体制に関する調査を行いました

内閣府(防災担当)の委託を受け、令和2年1月に米国連邦危機管理庁(FEMA)やカリフォルニア州危機管理局(CalOES)をはじめとする災害対応機関を訪問し、米国の災害危機管理体制に関する調査を行いました。日米の行政システムの相違を踏まえ、災害対応業務の効率化・高度化に向けた重要な知見が得られ、研究資料としての出版を予定しています。

米国の災害危機管理体制に関する調査の際の集合写真

関連リンク

ページトップヘ戻る