気象災害

気象災害には、台風や局所的豪雨(いわゆるゲリラ豪雨)、竜巻などがあげられます。また、大雨による冠水や洪水も深刻で、冠水した道路で車に閉じ込められる痛ましい被害も発生しています。

気象災害

防災科研の新型レーダでとらえたゲリラ豪雨の様子(2008年8月5日に発生した雑司が谷の豪雨)赤色から紫色にかけて激しい雨が降っています。

ゲリラ豪雨は正式な気象用語ではありませんが、一般に1時間程度の時間に、10キロメートルくらいの範囲に降る大雨のことをそう呼んでいます。

気象災害

2010年に災害をもたらした台風。海水に貯えられた大量の太陽熱をエネルギー源として発生する台風は、突然日本をおそうことはありませんが、その規模は大きく、風・雨ともに警戒が必要です。

一般向け刊行物のご案内

台風や大雨に備えて

台風や大雨に備えて
http://dil-opac.bosai.go.jp/publication/pdf/typhoon-l.pdfPDF
水・土砂災害から生命と財産を守るために…

関連サイトのご案内

防災基礎講座

防災基礎講座
http://dil.bosai.go.jp/workshop/Blank

水・土砂防災研究部

水・土砂防災研究ユニット
http://mizu.bosai.go.jp/wiki/wiki.cgiBlank

Get ADOBE READER

PDF ファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。Adobe ReaderはAdobe ReaderのダウンロードページBlankよりダウンロードできます。

このページのTOPへ