沿革

1963年04月 国立防災科学技術センター設立(東京)
1964年12月 雪害実験研究所開所(長岡)
1965年08月 波浪等観測塔開設(平塚)
1967年06月 強震観測事業推進連絡会議設置
1967年07月 平塚支所開所
1969年10月 新庄支所開所
1970年06月 大型耐震実験施設開設(筑波研究学園都市施設第一号)
1973年03月 岩槻地殻活動観測施設開設
1974年03月 大型降雨実験施設開設
1978年04月 筑波研究学園都市へ移転完了
下総地殻活動観測施設開設
1980年04月 府中地殻活動観測施設開設
1981年05月 地震予知研究棟開設
1984年03月 関東・東海地殻活動観測網概成
1990年06月 「国立防災科学技術センター」から「防災科学技術研究所」に名称変更及び組織改編
1992年03月 スーパーコンピューター棟完成
1992年08月 地表面乱流実験棟完成
1993年04月 組織改編(地震予知研究センター設置)
1994年03月 長岡雪氷防災実験研究所増改築
1994年12月 江東地殻活動観測施設開設
1995年07月 第2地震予知研究棟完成
1996年03月 相模湾海底地震観測施設開設
K-NET(強震観測網)概成
1996年05月 組織改編(地震予知研究センター→地震調査研究センター)
1997年03月 雪氷防災実験棟完成(新庄)
Hi-net(高感度地震観測網),KiK-net(基盤強震観測網)稼働開始
1997年11月 F-net(広帯域地震観測網)稼働開始
1999年04月 組織改編(防災研究データセンター設置)
1999年12月 防災研究データセンター棟完成
2001年04月 独立行政法人防災科学技術研究所設立
地震防災フロンティア研究センター(三木)が理化学研究所から防災科研へ所属換え
2002年10月 地震防災フロンティア研究センター川崎ラボラトリー開設(川崎)
2003年03月 研究交流棟完成
2003年04月 地震防災フロンティア研究センターが神戸市へ移転
2004年10月 兵庫耐震工学研究センター開設(三木)
2005年03月 実大三次元震動破壊実験施設(E-ディフェンス)完成(三木)
2006年04月 組織改編(研究組織を3研究部、3センター体制に再編)
2007年03月 地震防災フロンティア研究センター川崎ラボラトリー廃止(川崎)
2008年03月 平塚実験場波浪等観測塔廃止
2011年03月 2011年東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)
地震防災フロンティア研究センター廃止
2011年04月 組織改編(研究組織を3研究領域に再編)
2013年04月 雪氷防災研究センター改編(新庄の研究拠点を「新庄雪氷環境実験所」とする)
2015年04月 国立研究開発法人防災科学技術研究所に名称変更
2016年04月 組織改編

このページのTOPへ