シンポジウム「農業に役立つ気象情報の利用-栽培支援から災害対策まで-」

開催案内

近年の温暖化傾向を反映して、作物の生育が従来とは異なる事例が増加しています。このため、暦日を指標とする慣行的な方法では栽培管理を適切に行うことが困難になり、気象情報をはじめとする様々なデータの農業への活用に関心が高まってきています。また、温暖化の進行にともない、局地的な大雨等による災害が増加する可能性が示されており、農業における気象災害対策も重要になってきています。本シンポジウムでは、農業に役立つ気象情報を紹介するとともに、それらの情報の利用者である自治体や生産現場から、実際の活用事例や気象情報への期待についてお話いただき、さらに大雨や突風、落雷、ひょう等による災害対策に向けた最新の研究成果を紹介いたします。

どなたでもご参加いただけます。奮ってご参加下さい。

日時
平成30年12月14日(金曜日) 13時00分~17時00分
場所
気象庁 講堂(東京都千代田区大手町1-3-4)
https://www.jma.go.jp/jma/kishou/intro/map.html(別サイトになります)
主催
国立研究開発法人防災科学技術研究所(防災科研)、気象災害軽減コンソーシアム
共催
国⽴研究開発法⼈農業・⾷品産業技術総合研究機構(農研機構)
気象庁、気象ビジネス推進コンソーシアム(WXBC)
対象
定員 120名(先着順※事前登録制、下記参加申し込み参照)
参加費
無料
参加申し込み

参加をご希望の方は、下記の参加フォームの1.~3.を明記のうえ、2018年12月7日(金曜日)までにメールにてお申し込みください。なお、定員制(お申し込み先着順)です。お早めのお申し込みをお願いいたします。別途、受付登録メールを返信いたします。

送信先メールアドレス:
ihub-conso(at)bosai.go.jp
※(at)は、@に置き換えてください。
件名:
シンポジウム「農業に役立つ気象情報の利用-栽培支援から災害対策まで-」参加
参加フォーム:
1.所属
2.参加者氏名
3.気象災害軽減コンソーシアム会員の方は会員番号
プログラム

司会:横山 仁(防災科研 気象災害軽減イノベーションセンター コーディネーター)

13時00分~13時05分
開会挨拶
島村 誠(防災科研 気象災害軽減イノベーションセンター長)

講演 第Ⅰ部

13時05分~13時25分
農業に役立つ気象情報
萱場 亙起氏(気象庁 地球環境・海洋部 気候情報課 気候リスク対策官)
13時25分~13時45分
気象予測を活用する栽培管理支援
大野 宏之氏(農研機構 農業環境変動研究センター 気候変動対応研究領域 上席研究員)
13時45分~14時05分
農業における気象情報の利活用について
塚本 心一郎氏(茨城県農業総合センター 首席専門技術指導員)
14時05分~14時25分
普及現場における気象情報の活用と農業気象災害への対応
倉澤 政則氏(群馬県 農政部 技術支援課長)
14時25分~14時45分
気温予測値を用いた山梨県におけるモモの開花予想
萩原 栄揮氏(山梨県果樹試験場 栽培部 主任研究員)
14時45分~15時05分
農業データ連携基盤(WAGRI)について
神成 淳司氏(慶應義塾大学 環境情報学部 教授、内閣官房 副政府CIO、WAGRI会長)
<休憩>15時05分~15時15分

講演 第Ⅱ部

司会:宮田 明氏(農研機構 農業環境変動研究センター気候変動対応研究領域長)

15時15分~15時25分
生産現場が求める気象情報
吉原 将成氏(農業法人「大地」代表取締役)
15時25分~15時40分
農業保険関係の実施状況
窪山 富士男氏(農林水産省 経営局 保険課 農業経営収入保険室長)
15時40分~16時00分
防災科研の極端気象研究
岩波 越(防災科研 気象災害軽減イノベーションセンター 副センター長)
16時00分~16時20分
地球温暖化が水稲品質に及ぼす影響と適応策
増冨 祐司氏(茨城大学 農学部 地域総合農学科 准教授)

総合討論

16時25分~16時55分
「農業に役立つ気象情報の利用-栽培支援から災害対策まで-」
ファシリテータ:松岡 延浩氏(千葉大学 大学院 園芸学研究科 教授)
16時55分~17時00分
閉会挨拶
坪井 史憲氏(気象庁 総務部長)


リーフレット

リーフレット [PDF/9.55MB]

お問合せ

国立研究開発法人防災科学技術研究所
気象災害軽減イノベーションセンター内
コンソーシアム事務局(担当:横山・中村・飯島)
TEL:029-863-7242
メール:ihub-conso(at)bosai.go.jp
※(at)は、@に置き換えてください。