第6回気象災害軽減イノベーションフォーラム 「防災×AI」
-AIによる気象災害軽減に向けて-

開催案内

「気象災害軽減イノベーションフォーラム」は、防災の取り組みに関わりの深い異分野の知見を導入し、逆に防災の技術や知見を異分野に波及させるために、連携や協働による実践の可能性や課題について議論する試みです。

「防災×○○(コラボ)」をテーマに異分野の多彩なゲスト講師を招き、様々な分野の実践実例やその背後にある手法、発想の源泉について、 参加者を巻き込んだ対話型のレクチャーにより進行します。

人と技術、あるいは人とモノ、情報、地域…など、多様な関係のもとで「防災」をめぐる技術や情報を再構築し、災害に強い安心安全な社会を構築する可能性について考えます。

今回は、気象災害軽減に向けたAIの活用への期待や関心が高まっているなか、最近の気象災害の経験を踏まえ、防災科研の取り組みと、それに関連した研究や技術を紹介し、気象予測を通した災害軽減に向けたAIの活用について考えます。

主催
気象災害軽減コンソーシアム
共催
山梨大学大学院総合研究部工学域 スマート社会基盤創造研究ユニット
後援
土木学会 土木情報学委員会 IoT/AI活用研究小委員会
土木学会 地震工学委員会 AI・IoT技術の地震工学への有効活用検討小委員会
土木学会 構造工学委員会 構造工学でのAI 活用に関する研究小委員会
日時
2019年8月5日(月曜日)13時00分~17時00分
場所
防災科学技術研究所東京会議室
(東京都港区西新橋2丁目3番1号 マークライト虎ノ門6階602室 会議室 C,D)
アクセスマップ
定員
70名(先着順※事前登録制、下記参加申し込み参照)
参加費
コンソーシアム会員無料、学生無料
/非会員4,000円(学生除く、申込時に入会手続をされた場合は無料)
参加申し込み

参加をご希望の方は、下記の参加フォームの1.~3.を明記のうえ、2019年8月1日(木曜日)までにメールにてお申し込みください。なお、定員制(お申し込み先着順)です。お早めのお申し込みをお願いいたします。別途、受付登録メールを返信いたします。

送信先メールアドレス:
ihub-conso(at)bosai.go.jp
※(at)は、@に置き換えてください。
件名:
第6回気象災害軽減イノベーションフォーラム「防災×AI」参加
参加フォーム:
1.会員番号(会員のみ)
2.所属
3.参加者氏名
プログラム
13時00分~13時05分
開会挨拶
島村 誠(防災科研 気象災害軽減コンソーシアム会長)
13時05分~13時10分
趣旨説明
阿部 雅人(防災科研 気象災害軽減イノベーションセンター プロジェクトアドバイザー)

第1部

13時10分~13時40分
防災科研の最近の気象災害への取組/気象災害分野の公開情報プロダクツ
岩波 越(防災科研 気象災害軽減イノベーションセンター 副センター長)
13時40分~14時00分
台風発生予測および天気図解析へのAIの応用
松岡 大祐氏(海洋研究開発機構 付加価値情報創生部門 情報エンジニアリングプログラム 技術研究員(科学技術振興機構 さきがけ研究者))
14時00分~14時20分
時系列降雨分布データと深層学習モデルを用いた短期降雨予測の試み
宮本 崇氏(山梨大学 工学部 土木環境工学科 助教/スマート社会基盤創造研究ユニット長)
14時20分~14時40分
機械学習を用いた東京23区内水氾濫危険性のリアルタイム推定
平野 洪賓(防災科研 水・土砂防災研究部門 主任研究員)
14時40分~14時50分
Rainfall detection in single images with Convolutional Neural Networks
Nicla M. Notarangelo (PhD Student, School of Engineering, University of Basilicata, Potenza, Italy)
<14時50分~15時00分:休憩>

第2部

15時00分~15時20分
機械学習を用いた局地気象予測と地球温暖化による局地降水の変動特性
吉兼 隆生氏(東京大学 生産技術研究所 特任准教授)
15時20分~15時40分
河川災害におけるAI技術の活用
一言 正之氏(日本工営株式会社 先端研究開発センター 研究員)
15時40分~16時00分
深層学習を用いた降水短期予測における数値気象モデル出力補正手法の構築とその活用
相馬 一義氏(山梨大学 大学院 総合研究部 准教授)
16時00分~16時20分
XRAINデータへのラベル付けのためのTwitterを用いたゲリラ豪雨時刻の特定
大枝 真一氏(木更津工業高等専門学校 情報工学科 准教授)

第3部

16時20分~16時40分
コンソーシアム会員からの技術紹介
16時40分~16時55分
全体討議
ファシリテータ 阿部 雅人(防災科研 気象災害軽減イノベーションセンター プロジェクトアドバイザー)
16時55分~17時00分
閉会挨拶
落合 幸徳氏(科学技術振興機構 イノベーションハブ構築支援事業 推進プログラムオフィサー)
お問合せ

国立研究開発法人防災科学技術研究所
気象災害軽減イノベーションセンター内
コンソーシアム事務局(担当:中島・中村・飯島)
TEL:029-863-7242
メール:ihub-conso(at)bosai.go.jp
※(at)は、@に置き換えてください。