印刷

研究開発課題(地震防災及び火山防災分野)に係る中間評価結果について

平成12年3月31日

1.はじめに

防災科学技術研究所は、平成9年8月7日に内閣総理大臣が決定した「国の研究開発全般に共通する評価の実施方法の在り 方についての大綱的指針」に基づき、同年12月17日に「防災科学技術研究所における研究開発等実施要領」を策定し、今後の研究開発課題等の評価を本要領に沿って行うこととした。

本要領においては、重点的資金による研究開発課題については、5年を越えない期間毎に節目を設け、節目毎に評価を実施することとされている。

平成11年度においては、重点的資金による研究開発課題のうち、研究開発期間が5年以上に亘る地震防災分野の4課題と火山防災分野の1課題について、中間評価を実施することとした。

3.評価目的・内容等

  • 研究開発の節目における目的の達成度の把握
  • 研究開発の目的・目標等の見直し
  • 研究開発の進め方の見直し(継続、変更、中止等の決定を含む)
  • 研究資金・人材等の研究開発資源の再配分の決定

等の判断に資する事項

4.評価方法

研究開発期間が10年以上の極めて長期に亘り、かつ社会的関心が高いと判断される本課題については、国内の外部専門家のみならず外部有識者及び外国人研究 者を含めた研究開発課題外部評価委員会を設置・開催した。委員会では、研究責任者からの研究内容等の説明後、質疑応答・議論を踏まえた委員長による評価結 果がとりまとめられ、評価報告書が提出された。

6.外部評価委員

  氏 名 所 属
委員長 島崎邦彦 東京大学地震研究所教授
委 員 安藤雅孝 京都大学防災研究所教授
委 員 田村和子 ジャーナリスト、前(社)共同通信社論説副委員長
委 員 平原和朗 名古屋大学大学院 理学研究科教授
委 員 ブライアン・ケネット オーストラリア大学教授/国際地震学・地球物理学協会会長
委 員 クリス・ニューホール 米国地質調査所研究科学者/ワシントン大学火山システムセンター客員教授

(順不同、敬称略)

7.委員会プログラム

日 時 平成12年2月14日(月曜)10時00分~15日(火曜)15時25分
場 所 防災科研 セミナー室

第1日目

(午前)10時00分~12時30分

  • 防災科の概要と独法化について
  • 評価の考え方と委員会スケジュール(案)について
  • 委員内部検討
  • 地殻活動解析システム室、火山観測システム室の視察

(午後)13時30分~18時30分

  • 評価対象課題について
  • 首都圏南部における地震活動に関する研究について
  • 関東・東海における地殻活動に関する研究について
  • 地震発生機構に関する研究について
  • 広帯域システム室の視察

(夜)19時00分~21時00分

  • 懇談会(筑波第一ホテル)

第2日目

(午前)9時00分~12時10分

  • 地震素過程と地球内部構造の解明に関する総合的研究について
  • 火山噴火予知に関する研究について
  • 委員内部検討
  • 平原委員の講評

(午後)13時00分~15時25分

  • 委員内部検討
  • 各委員の講評

このページのTOPへ