Hyogo Earthquake Engineering Reserch Center English 防災科学技術研究所ホームページへ 兵庫耐震工学研究センターサイトマップ
HOMEプロフィール>主な実験例

施設利用について
当センター施設利用に関しては、次年度の実験に関し、例年10〜11月頃に当センターホームページ上で公募しております。
詳しくは 前回の応募要領をご覧下さい。


国立研究開発法人 防災科学技術研究所
兵庫耐震工学研究センター
〒673-0515 兵庫県三木市志染町三津田西亀屋1501-21
Tel : 0794-85-8211(代表) / Fax : 0794-85-7994

■このような実験が可能です
震動台の大きさ、載せられる最大の重量、加振できる加速度・速度・変位の大きさなどを最大限に利用して、実大規模の構造物の破壊過程と新しい耐震技術を三次元の震動で検証することができます。
木造住宅 各種の木造住宅における居住環境の総合的な安全性の検討や新しい耐震技術の開発
鉄筋コンクリート建物 実大規模の鉄筋コンクリート建物の地震時破壊過程の再現
橋梁 橋梁の地震時被害の再現による新しい補強技術の開発・検証
液状化 特殊な箱の中(土槽)につくった地盤モデルを用いた液状化の再現
危険物貯蔵タンク 危険物貯蔵タンク等の産業施設の 地震時挙動の検証
このページのトップへ