組織図・予算

組織図

国立研究開発法人防災科学技術研究所の組織図:監事である理事長、理事のもと、戦略的イノベーション推進室、南海トラフ海底地震津波網整備推進本部、企画部、総務部、法務・コンプライアンス室、監査室、基礎研究部門、基盤的研究開発センターから構成されております。

職員数(2020年4月現在)

役員4名(うち監事1名は非常勤)

常勤職員305名(2020年4月現在)

予算(2020年4月現在)

2020年度の収入は188億円。内訳は、運営交付金が全体の53%に占める100億円、続いて地球観測システム研究開発費補助金が全体の39%にあたる74億円、また受託事業収入等が4%にあたる7億円、自己収入が4億円となっています。また、2020年度の支出も188億円となっております。内訳は、事業費が全体の54%を占める102億円、地球観測システム研究開発費補助金経費が39%にあたる74億円、受託研究費が4%にあたる7億円、一般管理費が3%にあたる5億円となります。

各部署のWebサイト

基礎研究部門

地震津波防災研究部門

火山防災研究部門

地震減災実験研究部門(兵庫耐震工学研究センター)

水・土砂防災研究部門

雪氷防災研究部門(雪氷防災研究センター)

マルチハザードリスク評価研究部門

防災情報研究部門

基盤的研究開発センター

地震津波火山ネットワークセンター

総合防災情報センター

火山研究推進センター

首都圏レジリエンス研究推進センター

国家レジリエンス研究推進センター

戦略的イノベーション推進室

その他

更新終了したWebサイト

ページトップヘ戻る