令和2年度成果発表会

防災科研は「一人ひとりが基礎的な防災力を持ち、高いレジリエンスを備えた社会」の構築に貢献することを目的として、さまざまな自然災害を対象として、災害の予防から復旧・復興までの全フェーズで防災を捉えて、防災科学技術の研究開発を進めております。

その研究開発の成果を広く一般の方々に知っていただくため、令和2年度の成果発表会を2021年2月10日(水)に、会場参加に加え、オンライン配信を行い、場所・人数に制限なく参加・視聴できるハイブリッド方式により実施いたします。

昨年度に引き続き池上彰氏を特別ゲストコメンテーターにお迎えし、 「きたるべき国難級災害こくなんきゅうさいがいそなえて2021」をテーマとして、来年で10年目となる東日本大震災を振り返り、また、近年頻発する豪雨災害を教訓として、命を守る観点から何をなすべきかを皆様と共に考えてまいります。

昨年まで発表会会場でポスター形式で研究成果をご覧いただきましたが、今年度は新しいスタイルの成果発表の方法として、研究者一人ひとりによる動画での研究成果の発表を行います。2020年12月23日(水)よりWebで公開しています。皆様からの高評価数でベスト10を選出し、2021年2月10日(水)の発表会で結果を発表いたします。上位の研究者は、当日登壇の予定です。

研究者一人ひとりによる
成果発表動画公開!

動画サムネイル一覧
12月23日

公開開始!


新しいスタイルの成果発表の方法として、研究者一人ひとりによる動画での研究成果の発表を行います。

動画を見る
2月1日

集計締切!


皆さまからの「高評価」をもとにベスト10が決定します。良いと思った動画への「高評価」お待ちしています。

2月10日

ベスト10発表!


上位の研究者は、当日登壇の予定です。

令和2年度成果発表会

~来るべき国難級災害に備えて2021~

令和3年2月10日(水)開催!

池上彰氏

特別ゲストコメンテーター

池上彰 氏

昨年度に引き続き池上彰氏を特別ゲストコメンテーターにお迎えし、 「来るべき国難級災害に備えて2021」をテーマとして、来年で10年目となる東日本大震災を振り返り、また、近年頻発する豪雨災害を教訓として、命を守る観点から何をなすべきかを皆様と共に考えます。

第1部 12:55〜13:55


講演

ぜひ使ってほしい、防災科研の新たな情報プロダクツ

清水慎吾

災害発生が迫った線状降水帯を予測
直前避難の実現を目指す実証実験

講演概要

清水 慎吾
国家レジリエンス研究推進センター

災害発生が迫った線状降水帯を予測~直前避難の実現を目指す実証実験~

→講演概要
上田英樹

JVDNシステムによる火山データの共有

講演概要

上田 英樹
火山防災研究部門

JVDNシステムによる火山データの共有

→講演概要
鈴木進吾

あなたの地震後の生活はどうなる?
地震10秒診断

講演概要

鈴木 進吾
災害過程研究部門

あなたの地震後の生活はどうなる?地震10秒診断

→講演概要
岩波越

ソラチェク
首都圏の雨、風、雷、ひょう、雪をまとめてチェック

講演概要

岩波 越
首都圏レジリエンス研究推進センター

ソラチェク~首都圏の雨、風、雷、ひょう、雪をまとめてチェック~

→講演概要

第2部 13:55〜14:15


研究者による成果発表動画ベスト10発表

防災科研の研究者一人ひとりによる動画での研究成果の発表を行います!

昨年度の成果発表会では1,000名弱の皆様に実際にご来場いただき146枚の研究ポスターを通して防災科研の成果を見ていただきましたが、今年度は新型コロナの影響で多くの方にお集まりいただくことが難しくなりました。

そこで、新しいスタイルの成果発表の方法として、防災科研の研究者一人ひとりによる動画での研究成果の発表を行います。対象は本年度の研究活動を含む研究です。皆様からの高評価数でベスト10を選出し、2月10日の発表会当日、会場およびWebでのオンライン配信で結果を発表します。上位の研究者は、当日登壇予定です。

第3部 14:25〜15:55


パネルディスカッション

「東北地方太平洋沖地震」の教訓を南海トラフ地震へ

汐見勝彦

地震観測網がとらえた東北地方太平洋沖地震

講演概要

汐見 勝彦
地震津波防災研究部門・地震津波火山ネットワークセンター

地震観測網がとらえた東北地方太平洋沖地震

→講演概要
中村洋光

巨大地震の多様な発生の可能性に備えるためのハザード・リスク評価

講演概要

中村 洋光
マルチハザードリスク評価研究部門

巨大地震の多様な発生の可能性に備えるためのハザード・リスク評価

→講演概要
齊藤竜彦

室内実験とシミュレーションで迫る巨大地震の震源像

講演概要

齊藤 竜彦
地震津波防災研究部門

室内実験とシミュレーションで迫る巨大地震の震源像

→講演概要
青井真

南海トラフ巨大地震に備えるための新たな観測網N-net
~東日本大震災を教訓に~

講演概要

青井 真
地震津波火山ネットワークセンター・南海トラフ海底地震津波観測網整備推進本部

南海トラフ巨大地震に備えるための新たな観測網N-net~東日本大震災を教訓に~

→講演概要
池上彰氏

池上彰 氏

特別ゲストコメンテーター
モデレーター
平田直

平田 直

首都圏レジリエンス研究推進センター長
指定討論者
林春男

林 春男

理事長
指定討論者

今年度の成果発表会は

ニューノーマル時代の新しい開催方式に挑戦!

会場参加


抽選応募締切ました(新型コロナウイルスの感染状況を考慮し1月中旬に入場可能人数を判断し当選者に通知いたします)

オンライン参加


要事前申込み、先着3,000名。Zoomビデオウェビナー(視聴+質疑応答)による双方向(Two-way)コミュニケーションが可能です。

オンライン視聴


YouTube Liveでオンライン配信(視聴のみ)します。どなたでもご視聴いただけます。配信URLは後日掲載します。

開催概要

主催:
国立研究開発法人 防災科学技術研究所
日時:
2021年2月10日(水) 12:30~16:00
会場:
東京国際フォーラム ホールD5
オンライン配信を行いますのでWebからもご参加いただけます。
参加費:
無料
参加お申し込みはこちら(Zoom)
定員:
人数上限200名※会場参加希望者が多数の場合は抽選となります。
なお、新型コロナウイルスの感染状況を考慮し、1月中旬に入場可能人数を判断します。会場参加を取りやめる場合があることを予めご了承下さい。
問合先:
企画部広報・ブランディング推進課 TEL.029-863-7787/toiawase[AT]bosai.go.jp ※[AT]を@に変換してください
プログラム:
  • 第1部12:55〜13:55  ぜひ使ってほしい、防災科研の新たな情報プロダクツ
  • 第2部13:55〜14:15  研究者による成果発表動画ベスト10発表
  • 第3部14:25〜15:55  「東北地方太平洋沖地震」の教訓を南海トラフ地震へ
詳細プログラムはこちらPDF(788KB)
関連情報:
令和2年度 成果発表会プレスリリースはこちらPDF(972KB)
Scroll to Top